Rossini APEX DAC / dCS

Rossini APEX DAC

2015年6月、ミュンヘン・ハイエンドショウにて、発表されたRossini DAC(ロッシーニ ダック)。音楽ソースの様々な入手環境に対応した、また心が躍動するような高品位再生を行うシンプルなマルチネットワークプレイヤー、Rossini DACは一台で現在手に入るデジタル音楽ソースのほとんどをアナログ変換して演奏できるネットワークストリーミングDACです。

そして2022年。Rossini DACは、新たにAPEX Ring DACを搭載しRossini APEX DAC(ロッシーニ エイペックス ダック)として生まれ変わりました。広いダイナミックレンジと、市場にある多くのアンプやプリアンプとの最適なマッチングを考慮した、全く新しいdCSのD/Aコンバーターです。そのベースがRossiniという既存のDACをプラットホームとして完成させたので、外観に変更はありませんので、いままでのRossiniをアップグレードすることも可能です。APEX DACの音質は、多くのユーザーや評論家が絶賛するほどの飛躍を遂げたのです。音楽は生き生きと再生され、聴き手の前に演奏情景がくっきりと再現されるRossini APEX DACによって、音楽の表現力は大幅に向上しました。

Rossini DACは、発売以来、心臓部であるdCS Ring DACのマッピング、アップサンプルなどの改良を重ね、v2.xxとなり、さらに、2022年3月、アナログ部分に大幅に手を入れたAPEXとなったのです。dCSユーザーからのアップグレードサービスにも対応しています。(APEX DACの詳細はこちら、アップグレードについてはこちらをご覧下さい。)

エレガントで先進性を備えたVivaldi DACを連想させるRossini DACの筐体は、全く同等の作りで仕上げられています。見る者の目を引く美しいウェーブラインに、Rossini DACのアイデンティティーが強く主張されています。

デジタルファイル、ストリーミング、サーバーからのデジタルファイル、トランスポートからのディスクからの信号など、現在入手可能な音楽ソースを取り入れます。また、Roon ready DACでもあるので、Roon(Roonのご案内はこちら。土方久明氏によるRoonの解説ビデオはこちらをご覧ください。)による情報を得ることができ、音楽の楽しみはかたは大きく広がります。他を圧倒する性能のD/Aコンバーターを搭載したプレイバックユニットとして、Rossini APEX DACを貴方のオーディオシステムに加えていただければ直ぐにも現代最高峰の音質で音学をお楽しみいただけます。

まもなく30年になろうとするdCSの歴史の集大成、Rossini シリーズ・・・新しい時代の幕開けを宣言します。

マルチネットワークプレイヤー

シグナルプロセスプラットフォームに新開発UPnP音楽ストリーマーを加えました。デジタル入力は、USB、AES/EBU、SPDIFを備え、NASやオンライン音楽サービスは、イーサネットからRJ45経由で取り入れることが可能です。汎用性と使いやすさを高次元の音楽再生能力と両立させた、理想のマルチネットワークプレイヤーヤーです。

10世代目 Ring DAC APEX搭載

D/Aコンバーター部は、音楽再現性で他を圧倒するdCS最先端のAPEX Ring DAC (1)(リングダック)を搭載。FPGAは優れたシグナルプロセスと非常に柔軟な汎用性によって、将来的にも音楽ソース環境に合わせて可能な限り適応し発展させることが可能です。プラットホームソフトウェアのアップデートは、製品を長きにわたってご使用願いたいというユーザーを大切に思うdCSの思いなのです。

Rossini APEX DACには、Vivaldi APEX DACに搭載されたdCS 十世代目のAPEX Ring DAC が採用されています。強化されたコア部分とチャンネル別のツインジェネレーターなどによって、チャンネルセパレーションが向上し、低インピーダンス出力のため、市場にあるほとんどのプリアンプ、パワーアンプとのベストマッチが叶いました。それは、ホログラフィックな3次元的な音楽再生に大きく寄与しています。ノイズフロアレベルは測定限界に近い低さ、生き生きとした実在感を伴った音はダイナミックレンジの拡大によるもので、演奏家の気配までもが刻まれる音、それは、ハイエンドオーディオファイルの五感をさらに高いレベルまで昇華させるような表現力です。ハイスピードFPGAをチャンネル毎に搭載し、DAC自体のソフトウェアアップデートを可能にするのみならず、パワーアップするたびにフラッシュメモリーからプログラムされることで、そのパフォーマンスは飛躍的に向上いたします。またFPGAの進化によって、より使い手に寄り添うシステムとなり、メカが苦手な方でも簡単にご使用いただけるようになったのも特筆すべきことです。

「dCS Mosaic アプリ」

Rossini シリーズは、新しくパワフルなユーザーインターフェイスを持っています。お手持ちのスマートフォンやタブレットを利用したカスタムコントロールが可能な「Mosaic アプリ」(無料)をご使用いただくことによって、コントロール操作をより身近なものにします。iRadio、 デジタル、UPnPソースに瞬時にアクセスし、操作するものに利便性と喜びを与えてくれます。

PCM 24/384kS/s & DSD128 対応

ネットワークストリーミング機能については、プロセス能力と共に強力であり、現時点ではPCM 24/384kS/s 、DSD128までのメジャーなロスレスコードソース、加えてDoP/DSD、ネィティブDSDにも対応していることは心強い限りです。

アナログ回路とクロックを含むデジタル回路にそれぞれの信号やデータ処理を純化するために専用のパワーサプライを装備し完璧なDA変換を追求しています。Rossiniシリーズは、英国ケンブリッジにおいて設計、製造され、厳しい精度と製造基準にしたがって出荷されます。シャーシ内部には音響緩衝パネルによって機械的振動を吸収、さらに電磁波対策が施され、音質の高純度化を目指しています。

Vivaldiシリーズと同様、選別されたVXCOによるクロッキングについてもシンプルで効率的なオートクロッキングアーキテクチュアを維持しています。dCSのクロックは立ち上がり特性が非常に鋭く、ジッターを最低限に抑えているので、デジタルソースの高音質化に大きく役立っています。

CS製品は、デジタル進化を常に最新技術の恩恵をファームウェアアップデートという形で享受できます。これはdCSの伝統的なサービスです。CDやUSB、またダウンロードページ等にて最新バージョンのソフトウェアにアップデートが可能です。Rossiniは常に最新機能を装備できるのです。(ハードウェアアップグレードは有償となります。)

一旦演奏が始まると、静寂の中に音楽が現れ、きわめてオリジナルレコーディングに忠実な音色と音像によってリスナーはその身をごく自然に音の中に置くことができます。音楽を聴くにつれてリスナーはパワフルで官能的な音でありながら、かつてない透明性にお気づきになることでしょう。それは、果てしなく、リアリティに富んだ音楽体験への旅立ちなのです。

フロントパネル

Front Panel
large image

リアパネル

Rear Panel
large image

Specifications

タイプ
アップサンプリング ネットワーク D/Aコンバーター
コンバーター
dCS Ring DAC
アナログ出力
バランス(XLR) x 1ペア(2番ホット)
アンバランス(RCA) x 1ペア
出力レベル:6V/2V/0.6V/0.2V (メニューにて設定可能)
デジタル入力
ネットワークインターフェィス RJ45:UPnP レンダラー、エイシンクロノスモード:NAS,PCストリーミング
FLAC, WAV,AIFF等24/384S/s
DSD64,128 DFF/DSFフォーマット
その他、WMA, ALAC,MP3,ACC, OGGをサポート
iPod, iPhone, iPad via Apple AirPlay 44.1/48kS/s
USB 2.0(Type B)エイシンクロノスモード:PCM24bit/384kS/s以下、DSD64、DSD128 DoP を受入
USB(Type A)エイシンクロノスモード:PCM24bit/384kS/s、DSD64、DSD128
AES/EBU x 2 (Dual AES):PCM24bit/192kS/s、DSD64 in DoP(dCS暗号化のDSD64、DSD128、PCM24bit/384kS/sを受入)
SPDIF (RCA) x 1:PCM24bit/192kS/s、DSD64 in DoP
SPDIF (BNC) x 1:PCM24bit/192kS/s、DSD64 in DoP
Toslink SPDIF x 1:PCM24bit/192kS/s
ワードクロック入力
BNC x 2:44.1、48、88.2、96、176.4、192kHz
ワードクロック出力
BNC x 1:マスターモード
残留ノイズ
16bit:−96dB以下(6v出力時)
24bit:ー113dB 以下(6v出力時)
フィルター
PCM:6種類
DSD:4種類
電源電圧
100V 50/60Hz
外形寸法
W444xH125xD435mm
重量
15.6kg
カラー
シルバー、ブラック
コントロール
外部コントロール
dCS Mosaic Contlol アプリ(App Store、Google Playにて入手)音楽のプレイバック、ユニットコンフィギュレーション(設定)、ファームウェアアップデート
IRリモートコントロール(オプション)
  1. ※ Ring DAC(リングダック)とは、dCSの伝統であり独自の特許技術であるdCSのデジタル/アナログ変換技術です。Ring DACは「5bit、2.822M S/s」というDSD 2倍アップサンプリングよりも2.5倍の情報量を持っています。

Back to Top