Corus / Jeff Rowland D.G.

Corus

Corus

Corus(コーラス)は、「何も加えず、何も失わずに」というコンセプトで誕生したプリアンプです。Corusは、インターフェイスの設計、入力、出力インピーダンスを最適点に設定する、などフラッグシップ機のCriterionに限りなく近く設計されています。プリアンプのまず第一の役目は、入ってきた信号をそのままパワーアンプに送ることなのです。ボリウムやインプット選択などはそのあとに来る役割とジェフは考えています。

Corus Set
large image

シャシーにはジェフ・ロゥランド伝統の最高級グレードの6061ハードアルミ塊を削ったモノコックボディを採用しています。
このシャシーはコロラド・スプリングスにあるハイテク軍需産業の協力会社との共同開発によって生まれました。これによって外部ノイズ(EMI, RFIなど)を完璧にシャットアウトし、付帯音、ビートダウンなどの好ましくない影響を排除しています。ここまでこだわったプリアンプはジェフ・ロゥランドだけといっても過言ではないでしょう。

Corusは、高速スイッチモードのAC電源を採用しています。電源部にはもちろんアルミ削りだしの別シャシーを用意しました。増幅部から電源の影響を完璧に排除します。

Corus Front
large image

増幅回路についてはクライテリオンとまったく同じです。セラミック4層基盤でブリーディングを抑え、最先端経路で信号を処理することが重要です。デジタルコントロール部はセパレートされたチェンバーに隔離されています。同一シャシーに収納されていますが、信号経路を効率よくデジタルコントロールの影響から隔離、保護しています。それは、入力信号をそのままパワーアンプに送り届けるという設計の根幹をサポートする方法です。

Corus Rear
large image

入力については5系統、XLR, RCAインプットを備え、各チャンネルでゲイン、バランス、位相の設定ができます。豊富なメニュー機能により、使い手の意図に沿ったカスタム化が可能です。出力は3系統で、バイパス設定を含む出力のバリエーションがメニューによってたやすく設定できるのです。使い勝手は、Criterion プリアンプ譲り、ユーザーの要求に応えるプリアンプです。

Corus。その音はノイズフロアが下がって、そこに音楽情景が現れるとても心地よい心が洗われるプリアンプです。
ジェフ・ロゥランドはいいます。「これで十分じゃないか」は自分らしくない、と。ジェフの妥協を許さない設計、製造思想を端的に表した言葉ではないでしょうか。あなたのオーディオシステムにCorus プリアンプを加える、それはすばらしい見栄えの機器がオーディオを昇華させるというにとどまりません。フロントエンド機器の持てる特質をそのままそっくりパワーアンプに送り込み、スピーカーを自在に操る力をオーディオシステムに与える、という福音です。

Specifications

ゲイン
各入力独立プログラム 0〜20dB
ゲインレンジ
99.5dB(199ステップ)
周波数帯域
10Hz ~ 300k Hz,-3dB @ 8Ω
最大入力レベル
.513v(RMS) @ 0dBゲイン
THD+N
0.003%以下(@2v RMS 出力、50Hz〜20kHz)
S/N比
100dB以下
チャンネルセパレーション
99.5dB
入力インピーダンス
アンバランス 40kΩ
バランス 40kΩ
出力インピーダンス
アンバランス 60Ω
バランス 60Ω
消費電力
最大15w
電源
AC100V電源
ディスプレィ
真空蛍光ディスプレィ
寸法
本体 W395xH94xD311mm
電源部 W122xH73xD280mm
重量
本体 10kg
電源部 2.7kg
同梱品
リモートコントロール
受光部ユニット
受光部ユニット接続ケーブル
DCケーブル x 2
ACケーブル
3/2アダプタ
取扱説明書
保証登録書

展示販売店

河口無線
大阪府大阪市浪速区日本橋4-8-12
06-6631-0321

Back to Top